fc2ブログ

ブロガるbunny

北京なまたまご
ついにこれを書かなければならないのかなぁ・・・。


今日、授業で あるブログを紹介していただきました。
んで、先生の話もとても興味深く
私が頭のなかでグチャグチャになってたことが
ちょっと すっとおさまりました。
先生 ありがとうございますー。

『ぺきん日記』

ブログってこんな凄いものなんですね。
これ読んでると、タダでいいのかしら、なんて思ってしまいます。



メディアのせいで偏ってしまった
人の頭を立て直すくらいの
知識と説明能力を持ちたい・・・と思った。





<<後日談>>

これ書いた時、すごくブルーでした。
だってうちの誕生日にデモが起こったんやもん。
うちの好きな北京で、にっぽんきらーい!って生卵舞ってて。
japaneseはそんな報道見て「中国人はけしからん!」みたいなこと言うし。
大学なりたての若者すら、あいつら最低やとか言うし・・・
(塾生。まー酔ってて表現が悪かったってのはあると思うけど…)

何を知ってそんなこと言うの。
ちゃんと知って、そういうこと言うの?

テレビはニュースバリューがある「いち部分」しか見せていない
何も知らない人はその「いち部分」が
知らない国の「すべて」または「大部分」だと思うのか。

中国人はみんな日本に反感を抱いていて、見つけたらいじめだすってのか。
ほんとにそんなんだと思うのか?

んなわけないやん。

ちょっと考えたら分かることなのに、
無意識に「いち部分」を「大部分・またはすべて」と思ってしまうのは
「自分の知りえない部分」を想像することを
やめてしまっているからなのか・・・・

そしてそれは、
テレビというメディア自体の悪影響によるものなのだろうか。

あまりに「リアル」だから。だけど「それのみが真実じゃない」から・・・

まー、私も総てを知ってる訳じゃないから何とも言えないっちゃぁ言えないんですけど・・・
けど私は北京行ったけど、みんな凄く優しくしてくれましたよ。
嫌な顔なんてされなかったけど。
それは私が体験した3Dの「事実」だ。もちろん「一部」なのは知ってる。

やから、んー・・・とにかく、
無意識にニュース報道が真実でそれが総てだと思ってしまってやしないか?
という問題提議をしたいだけ。
そう思ってないなら、いいです。
スポンサーサイト



Comment
投稿欄
URL:
Comment:
Pass:
 
Trackback
トラックバックURL
Designed by aykm.