ブロガるbunny

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ラックは誰のもの?
200601110151052
20060111015105
バイト先の付近にある携帯ショップに
新しいフリマガが積まれていたので
ゼミでフリマガ研究(?)してる子にあげようと1部拝借。

見たことないな、新創刊かな。

ふと気付いた。

このラック…ホットペッパーのラックやん!!!!!

フリマガの出版元をチェックする。
リクルートじゃない。

これはいいのか~?

ホットペッパーはもうなくなり、
ラックを店側が有効利用しているのか。
しかし梅田版ならまだしも、
ここにいつもあるのは新大阪・江坂版。
なかなかなくならないハズなんだが…
まさかどけたのか?

ともかく、1~2冊投げ込まれた訳じゃなく
販促ケースごと、このフリマガをホッペラックに置いたのは
携帯ショップの人に間違いなさそう。

ラックは誰のものか。

開店時に店頭に出し
閉店後は店内にしまう
もらったもんは俺のもん的に
携帯ショップのものなのか。

もしくはあくまでもホッペの一部であるとして
ラックもリクルートのものなのか。

うちは後者やと思うけどなー。
まぁ、小さい携帯ショップだし
細かいこと気にしな~い♪って感じなのかもしれんが。

けど、ラックを他社のフリマガに使われるなんて
絶対ヤだよなぁ。
いくらホッペが全部売れた後だとしても…

以上、そんなんやって委員会でした。
スポンサーサイト
Comment
投稿欄
URL:
Comment:
Pass:
 
Trackback
トラックバックURL
(JR天満の通路で筆者撮影)「ホッペなくなってもウェブってね」ホッペすぐなくなるから空ラック期間が長い。やから、これはよくできた巧い方法やなーって思った。
2006/02/03(金) 22:47:24 | ブロガるbunny
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。